忍者ブログ

マイク・シュルツ



マイク・シュルツ
2mを超える長身から投げるMAX156kmの速球を軸にセットアッパーとして活躍。来日初年度の2008年は55試合18ホールド、防御率3.23とまずまずの成績を残すも、翌年はさらに成績を上げ、73試合35ホールド、防御率2.28と、ストッパー永川に繋ぐセットアッパーとして大活躍。

2010年には抑えを任されるが、腰痛などもあり活躍できず、翌2011年は再び中継ぎに回って19試合で防御率1.06を記録するも退団。その後は帰国し、マイナー生活を送るも2013年に再び来日し、オリックスに入団。しかし1試合投げただけで「戦力外通告」を受け退団。その1試合は1イニングを1奪三振含む3人で抑える好投をしてただけに「なんで退団?」と疑問が残る。

ちなみに広島最終年の2011年には同じタイプのサファテが入団し、こちらは抑えとして35セーブを上げる活躍を見せた。サファテ入団はシュルツの成功があったからこそ実現したものかもしれないな。

スコット・マレン



スコット・マレン
メジャー時代は全てリリーフで75試合を投げた左腕。速球はあまり速くなく、変化球をまじえて打たせるピッチング。2004年に横浜入団。デビュー戦で快投をみせるも好不調の並が激しく、制球を乱して早めの降板も多かった。特に2005年の巨人在籍時はその傾向が顕著で、防御率6点台と振るわず一年で退団。結局横浜も巨人もともに一年で退団となり、日本での通算成績は13勝18敗 防御率5.29と実力を発揮できたとは言いがたい数値しか残せなかったが、時折見せる快投や幼少期に日本で過ごした経験などから親日家で、日本ファンからも親しまれてはいた。

カルロス・プリード



カルロス・プリード
メジャー時代は1994年に3勝を上げるが、その他の年は登板自体が無い。1998年には台湾で投げるも今ひとつの成績しか残せず、1年で退団。その後は独立リーグで投げていたが、2000年にオリックスにテスト入団。登録名はカルロス。

1年目は時折先発も務め、7勝を上げるが防御率は5.26と決して良くはない数字だった。でもこの年はチームメイトの戎が「最も高い防御率(3.27)」で最優秀防御率を獲得した年だったので、多少は酌量の余地があるかもしれない。ちなみに同じくチームメイトとなったイチローが日本で最後のプレーをしたシーズンとしても知られる。

翌年は具臺晟ヤーナルの活躍で11試合の登板にとどまり、また防御率もさらに悪化し、8点台となった。この年でオリックスを退団。2003年、2004年には古巣ツインズで登板機会を得たが勝ち星は無し。