忍者ブログ

マイク・シュルツ



マイク・シュルツ
2mを超える長身から投げるMAX156kmの速球を軸にセットアッパーとして活躍。来日初年度の2008年は55試合18ホールド、防御率3.23とまずまずの成績を残すも、翌年はさらに成績を上げ、73試合35ホールド、防御率2.28と、ストッパー永川に繋ぐセットアッパーとして大活躍。

2010年には抑えを任されるが、腰痛などもあり活躍できず、翌2011年は再び中継ぎに回って19試合で防御率1.06を記録するも退団。その後は帰国し、マイナー生活を送るも2013年に再び来日し、オリックスに入団。しかし1試合投げただけで「戦力外通告」を受け退団。その1試合は1イニングを1奪三振含む3人で抑える好投をしてただけに「なんで退団?」と疑問が残る。

ちなみに広島最終年の2011年には同じタイプのサファテが入団し、こちらは抑えとして35セーブを上げる活躍を見せた。サファテ入団はシュルツの成功があったからこそ実現したものかもしれないな。