忍者ブログ

ベニー・ディステファーノ



ベニー・ディステファーノ
90年に中日ドラゴンズに入団。「左利きだけど、キャッチャー経験がある」という話題は今でも覚えている。プレイに関してはあまり記憶になく、実際に56試合で .215 5本 とさっぱりだったようだ。シーズン途中で解雇もしょうがない。

ディステファーノと言えば暴れっぷりが有名で、あの星野監督も制御できないくらいの暴れっぷり。この動画でも散々暴れてる。


ジョニー・レイ



ジョニー・レイ
1991年ヤクルトに入団。僕の記憶だと2番バッターだった気がする。この年は .299 11本とそれなりの成績を残すも、翌年途中に解雇。91年はヤクルトの外国人打者はこのレイだけだったが、翌年にハウエルが入団。ちなみに91年は入団2年目の古田が首位打者を獲得し、ヤクルト黄金時代の幕を開けた年(91年は3位)。

91年セリーグの最多二塁打を獲得したレイ。改めて調べるとメジャー通算1,500安打もしてて、やっぱり二塁打が多くて83、84年と連続でリーグ最多二塁打を記録してる。思ってたよりメジャーの実績すごかった。


ジェリー・ブルックス



ジェリー・ブルックス
1997年に来日。日本ハムファイターズに入団し、同期入団の助っ人ウィルソンとともに「ビッグバン打線」の一角を担った長距離砲。

長距離砲とは言え、意外と三振は多くなく、かわりにダブルプレーが多かった。1998年にはパリーグ最多併殺打を記録。ホームランは25本と前年を上回ったものの、98年限りで解雇。ウィルソンとは異なり、日本では満足のいく成績を残せなかった。