忍者ブログ

李鍾範



「韓国のイチロー」という触れ込みで来日した韓国プロ野球界のスター。日本では4シーズン(最後のシーズンは早々に帰国してしまったが)在籍し、2割6分1厘 27本塁打と大活躍とはいかなかった。帰国後は長きに渡って起亜タイガースの主軸として活躍。昨年引退。

日韓通算2,000本安打を達成しており、若い頃は盗塁王にも輝き、ホームランも30本打つシーズンもあった。なんだかんだで韓国を代表する野手には変わりない。