忍者ブログ

スコット・シェルドン



スコット・シェルドン
メジャー時代に「1試合で全ポジションに就く」という珍記録を達成した選手。基本的には内野手。2002年にオリックスに入団し、序盤は苦しむものの徐々に調子を上げ、打率.256 本塁打26とまぁまぁの成績を残す。翌年も残留するが活躍できず退団。

一発長打の魅力もあるが、簡単に三振する粗さと、チャンスでの弱さがネック。この動画でも簡単に三振してる。全て同じとこへの変化球・・・。